ウレタン塗料

柔らかい性質があり、万能塗料なので細部塗装には適してる。

しかし硬い外壁面に使用するには耐久年数と性能がシリコンより劣ります。MK塗装でも細部の雨樋や鉄板など適材適所で素材に合わせてウレタン使用するといった工夫をしています。

万能選手ウレタン塗料

塗料の主成分である樹脂がウレタン系の塗料のことウレタン系で耐久年数は7~10年程度となります。

ウレタンでの塗装メリット・デメリット

メリットは、柔らかいという性質を持っており万能系の塗料でもあります。特にその柔らかさと密着性を生かして防水工事にも広く使われています。

ウレタン塗料のメリット

光沢のある高級ある塗膜

ウレタン材特有の光沢ある塗膜を作るので、ピカピカ光るような高級感あふれる光沢仕上げとなります。逆に、品のある艶消しにしたい場合は表現しにくい塗料となります。

弾性があり柔らかく扱いやすい塗料

ウレタン塗料は、柔らかくとても扱いやすい塗料です。そのため、作業性が高い塗料です。硬化した後の塗膜もやわらかいので、建物に動きがかかってもヒビ割れしにくい塗膜となります。外壁は建物にかかった動きでヒビが発生しやすいですが、ウレタン塗料を使う事でヒビが発生しにくい理想的な外壁塗膜とする事が出来ます。ヒビが入りやすい建物には、とても適した塗料となります。

密着性が高い塗料

素材に対し密着性が非常に高い塗料ですので、どなたでも扱いやすい塗料です。DIYでも扱いやすく、失敗しにくい塗料です。

耐薬品性に富んでいる

耐薬品性に富んでいるので、工場など汚染されやすい地域に適した塗料です。

種類が豊富な塗料

ウレタン塗料は一昔前までメインだった塗料ですので、日本や海外限らずとても多くの種類がある塗料です。水性をはじめ、弱溶剤、強溶剤、遮熱塗料など、塗布する場所や用途に合わせて様々な塗料を選択できるバラエティーに富んだ塗料です。

硬化剤の種類を変えると様々な作用を発揮する塗料となる

そのメーカーにもよりますが、硬化剤の種類を変えるだけで様々な作用を発揮する塗料となります。低汚染性の硬化剤を配合すると低汚染効果を発揮する塗膜となり、弾性系の硬化剤を配合すると弾性塗料に早変わりします。 塗布する場所や用途に合わせて使い分けが可能な部分が、大きなメリットです。2液型の塗料は高性能になりますので、ウレタン塗料の中でもオススメです。1液型のシリコン塗料と2液型のウレタン塗料とでは、2液型のウレタン塗料の方が塗膜の堅さが富んでいると言われています。その為、動きが出にくい屋根などには1液型のシリコン塗料より2液型のウレタン塗料の方が適しているという事可能性は十分にあると言えます。

メンテナンスが楽

ウレタン塗料は素地の表面を樹脂で覆うので、傷に強く素地が侵されにくい傾向があります。その為、次回の塗装のメンテナンスの際も手がかかりにくく、とても楽に行う事ができます。

普及品塗料よりもお安い価格

普及品のシリコン塗料と比べて、若干ですが価格がお安いのもメリットと言えます。ウレタン塗料が2,000~3,000円程度の単価なのに対し、シリコン塗料は2,500~3,500円程です。外壁に採用すると面積が広いので、全体的な価格に大きな差が生まれます。

ウレタン塗料のデメリット

6~8年程度しか持たない耐久性

ウレタン塗料は、耐用年数が6~8年程度と言われています。塗料の平均耐用年数が10年程度と言われていますので、平均耐用年数より劣る塗料となります。

シリコン塗料と比べると費用対効果が劣る

ウレタン塗料とシリコン塗料は、耐用年数に4~7年程度の差があるにもかかわらず、単価は多少の違いしかありません。ウレタン塗料は費用対効果が低く、同じく費用を掛けるのであればシリコン塗料の方がお得という考え方も出来ます。

配合成分に強い毒性がある

ウレタン塗料に含まれているイソシアネートには、強い毒性があり危険です。現代の塗料には、あまり向かない材料と言えます。

紫外線に弱い

イソシアネートは紫外線に弱く、外部に使うと黄変しやすい性質があります。ここ数年のウレタン塗料は、ポリオール樹脂をベースにしたウレタン塗料にする事で改良を重ねておりますので、黄変しない塗料も多くなってきました。

光沢保持率が低い

ウレタン塗料とシリコン塗料との光沢保持率の実験をしたところ、ウレタン塗料はシリコン塗料の8割程度の光沢保持率しか発揮する事が出来ませんでした。その為、経年により光沢の減少速度が早い塗膜となります。紫外線による負担が大きく、耐候性に欠ける塗料です。

塗膜の切り口が黄変する事がある

ウレタン塗料を塗布した素材を切断すると、切り口が変色してしまう事があります。

水分との相性が非常に良くない

ウレタン塗料の中に含まれている硬化剤が水と反応しやすく、湿度が高い時に塗布すると水分とキャッチしてしまい、塗膜性能が落ちてしまいます。

ウレタン塗料専用のシンナーを使用しなければいけないアルコールと反応する事でウレタン塗料の性能が落ちてしまうので、希釈の際はウレタン塗料専用のシンナーを使って希釈しなければいけません。

防汚性に劣る

ウレタン塗料の塗膜は防汚性に欠けており、汚れを付着させやすく汚れやすくなってしまいます。たった数年で汚れて全体に薄汚くなった塗膜としてしまい、古臭さを発揮してしまいます。近年は低汚染性の効果を追加したウレタン塗料もあり、汚れにくい塗膜にする事が出来るウレタン塗料も増えました。

2液性の使いが面倒

2液性の場合硬化剤を採用しますが、正確にきちんとか撹拌しないと硬化不良を起こす事があります。硬化剤の量も難しく、多く入れ過ぎても少なく入れても固まりにくいという扱いにくさがあります。熟練の慣れた職人さんじゃないと見極め方が難しく、職人さんによっては塗膜に対して不具合が起きやすい傾向があります。硬化剤の中に含まれているイソシアネートという効果成分は空気中の水分と反応する事で作用を発揮するので、時間が経った古い硬化剤を使うと不具合が起きる場合もあります。2液型の場合は扱いが非常に面倒であり、慣れている職人さんが居る業者に依頼しなければいけません。

使いかけの塗料の貯蔵が難しい

使いかけのウレタン塗料を貯蔵する場合は、容器をきちんと密封しないと変質してしまう事があります。

主なウレタン塗料

塗料メーカー 塗料名
エスケー化研(株) 1液マイルドウレタン
エスケー化研(株) クリーンマイルドウレタン
日本ペイント(株) 水性ファインウレタン
日本ペイント(株) 1液ファインウレタン
日本ペイント(株) ファインウレタンU100
関西ペイント(株) アレスアクアレタン
関西ペイント(株) セラMレタン
ロックペイント(株) ユメロック
水谷ペイント(株) マイルドU

以上、ウレタン塗料についての説明でした。

おすすめ一括見積サイト
ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。