ボンタイル(吹付けタイル)

ボンタイル・吹付けタイルとは

モルタル壁以外にもへーベル壁などにも広く使われていて現在では最も普及している模様です。最近では模様+色付けを1工程で出来るジョリパットなども台頭しています。ボンタイル(吹付けタイル)とは模様の総称で、吹放し(小粒、大粒)や表面を押さえた(カット)ものがある。

ボンタイル・吹付けタイル壁の外壁塗装

新築時には、仕上げに(色付けに)アクリル系の塗料が使われている事が多いので、築後7~10年で再塗装が望ましいです。もちろんシリコン系の塗料で再塗装すれば、その後10年は大丈夫です。模様がない場合などは、模様を新たにつけて塗装します。

工程短縮の塗料「単層弾性シリコン塗料」で凹凸つけ

いわゆる『単層弾性シリコン塗料』と呼ばれるものです。この塗料は、新築時に模様つけ(吹きつけタイル)と色つけを一緒にできる塗料です。混ぜ物が入っている分耐久年数が低くアクリル程度の耐久性しかありません。もちろん新築時には「凹凸つけ」と「色つけ」が一緒にできると重宝されますが塗り替え工事はすでにも凹凸がついているためにこの塗料を使うメリットがありません。

ボンタイル・吹付け動画

以上、ボンタイル(吹付けタイル)についての説明でした。

おすすめ一括見積サイト
ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。