筑北村で外壁塗装を安心して安く依頼したいあなたへ!

悩む

筑北村で外壁塗装を安心して適正価格で施工してくれる業者を探している方、外壁塗装の業界は料金体系がしっかりと決まっていません。普段利用しないものなので、相場って変わりませんよね?
筑北村内の外壁塗装は、地域で実績を重ねた塗装業者が、工事後も安心です。

当サイト「外壁塗装白書」は、筑北村の外壁塗装をするにあたり、「安心業者で、できるだけ費用を安くしたい」と思っているあなたのためにあります。

外壁塗装の業界では、まずは相見積もりをしてからがスタートなのです。

1件1件連絡をするのは、骨が折れますが、今は便利な一括見積りサイトがある時代です。
ポイントの一つである費用の見積もりを貰いましょう!

\すぐに相見積もりが欲しいあなたは↓クリック/

なぜ筑北村の外壁塗装は高い?

びっくり

9月~10月は天気が安定しているので外壁塗装や屋根塗装に適した季節です。ただ同じ工事内容でも、業者によって金額が大きく変わってきます。まずは複数社から見積もりを取り、金額や頼りがいを比較してみましょう!

外壁は外から劣化状況が分かってしまうため、ある時期になると頻繁に塗装業者が訪ねてきたり、チラシが投函されたりすることがあります。

外壁塗装のぼったくりとは、あなたが塗装したい建物の本来かかるリフォーム費用より、2倍も3倍も高い金額で見積もりを出されることです。

業者が出した高い費用を鵜呑みにしてしまい、そのまま契約までしてしまうことで、ぼったくりの被害に遭ってしまいます。

さらに、ぼったくりをする業者は、自分たちの利益だけ良ければいいという考えなので、職人の質・塗装技術の質も悪く、失敗する屋根・外壁塗装になる確率が高まるので、気をつけなければいけません。

ホントに値段に差が付くのは塗料の種類

塗料の価格は種類×耐用年数×機能によって代わり、そこには大きな差が出るのです。

塗料の価格相場

ちなみに代表的な塗料の単価相場は以下のようになります。

塗料の種類 耐用年数 単価(㎡)
アクリル 5~7年 1,000~1,200円
ウレタン 10~13年 1,800~2,000円
シリコン 10~15年 2,500~3,500円
ラジカル 14~16年 2,400~3,000円
フッ素 15~20年 3,500~4,500円

表をご覧いただくと分かるように、一番安いアクリルと一番高いフッ素とでは最大3,500円/㎡もの差があります

塗料の費用は単価×塗装面積で割り出されるので、外壁面積が100㎡あれば塗装費用は35万円もの差が出てきてしまいます。

塗料の価格差は耐久性の差

では安いアクリル塗料を選べば良いのかというと、そうではありません。

表をもう一度見ていただきたいのですが、基本的に「塗料の価格差=耐久性の差」でもあります。

耐用年数の短い塗料で塗り替えると、またすぐに塗り替えが必要になる時期がきてしまいます。

耐用年数10年の塗料なら、30年間で3回塗り替えが必要です。
でも、耐用年数15年の塗料なら、30年間で2回の塗り替えで済みます。

もちろん耐用年数の長い塗料の方が塗料代は高くなりますが、外壁塗装の内訳を見てみると、職人さんの人件費や足場代の方が大部分を占めています。

つまり少し価格の高い塗料であっても、耐用年数のある塗料で塗った方が、長い目でみると工事費用は格段に安くなるのです。

【例】
耐用年数10年の塗装工事が100万円と仮定
→30年間で300万円かかります耐用年数15年の塗装工事が120万円と仮定
→30年間で240万円かかります1回の工事費用は高くなっても、2回の塗り替えで済ませた方が結果的には60万円も安上がりになるのです。

以上より、近年は価格と耐用年数の両面からみてシリコン塗料がよく使われます。

シリコン塗料タイプでも業者によって値段が大きく違うのはなぜ?

同じシリコン塗料での提示なのに、業者によって値段が大きく違っているというケースもあると思います。

それは一口にシリコン塗料といっても、溶剤タイプと水性タイプがあり、また硬質タイプと弾性タイプがあり、さらに薄塗タイプと厚塗りタイプがあり、艶ありタイプと艶消しタイプがあるからです。機能面でも、低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性など幅広い選択肢があります。

慧文社『外壁塗り替え塗装入門』より
慧文社『外壁塗り替え塗装入門』より

多種多様な選択肢があるがゆえに、あなたの家の外壁の劣化状況を踏まえて「どの塗料が最適なのか」、この塗料選びはプロの職人さんでも頭を悩ませるほどです。

つまり塗装業者の「提案力」によって使われる塗料が変わり、値段も変わってくるのです。

じつは簡単に外壁塗装に見積りを出してくれるところがあります!

お悩み

筑北村内では、相見積りを出してくれるところはありません。生命保険なら保険の代理店があり、適切な保険会社を見つけてくれるのですけど。

1社づつ依頼していたら1週間はあっという間です。

でも、じつは簡単に優良業者で見積りを出してくれるところがあります。

それがネットの外壁塗装一括見積りサイトです!

国土交通省の消費者のニーズの統計データですが、外壁塗装の含めリフォーム業界全体では、信頼できる業者選択の環境がないと言われています。一括見積りサイトの良いところは、外壁塗装の一括見積もりサイトでは、登録するとき、登録した後も厳しい基準で審査を行っているので、安心材料になります。

住宅局 リフォーム工事における消費者・事業者のニーズ

出典元:国土交通省 住宅局 リフォーム工事における消費者・事業者のニーズ

おすすめ一括見積りサイト

ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。

筑北村で外壁塗装業者を選ぶ際のポイント

筑北村で外壁塗装業者を選ぶ際のポイントと注意が必要な外壁塗装業者の事例をご紹介します。

筑北村で信頼できる外壁塗装業者を選ぶ際のチェックポイント

地域で施工実績の多い外壁塗装業者を選ぶ。
外壁塗装に関する必要な資格・許可を有する外壁塗装業者を選ぶ。
保証やアフターフォローが充実している外壁塗装業者を選ぶ。
地域のお客様から、信頼されている外壁塗装業者を選ぶ。
建物の事前調査を丁寧に行う外壁塗装業者を選ぶ。
建物診断から施工まで、一貫した対応が可能な外壁塗装業者を選ぶ。
建築関連法規、消費者契約法等の法令を遵守している外壁塗装業者を選ぶ。
見積書に記載している内容をしっかりと説明できる外壁塗装業者を選ぶ。

*以上が、筑北村で外壁塗装業者を選ぶ際の主なチェックポイントです。

次に、特に注意が必要な外壁塗装業者の事例をご紹介します。

注意が必要な外壁塗装業者の事例

大げさに不安を煽って、契約を急がせる外壁塗装業者。
先着順にキャンペーンや大幅値引きで契約を急がせる外壁塗装業者。
現場確認をしないで、見積もりを提出する外壁塗装業者。
無料点検を口実に近づき、不必要な塗装工事をすすめる。
担当者が工事内容の説明ができない外壁塗装業者。
見積もりの項目が一式とのみ記載している外壁塗装業者。
下請け業者に丸投げする外壁塗装業者。

*以上が、特に注意が必要な外壁塗装業者の事例です。

筑北村で外壁塗装を検討する際は、費用面は重要!

費用面を最優先に検討すると、実際には耐久年数の短い塗料を使用していたり、別途工事として、追加で請求される等の事例が多くなっています。

外壁塗装の費用を比較する際は、塗り替えサイクル(ライフサイクル・コスト)や施工条件を考慮のうえ、慎重に検討しましょう。

また、最近では建物の状況を確認せずに概算の見積書を提出して、実際の工事の際に追加コストを埋める為に手抜き工事をする塗装業者も増えています。

手抜き工事の例
基礎・下地の補修・補強を省く。
洗浄・下塗りを省く。
安い塗料を混ぜる。
古い塗料を使い回す。
塗料を規定以上に薄める。

等の方法で、一般的に気付けない部分で、手抜き工事や水増し工事を行う悪質な外壁塗装業者がいます。

ポイント
外壁塗装は、塗装直後の見た目では、仕上がりが良く見えますが、5年~10年経つと塗膜の劣化具合から塗装工事の良し悪しが、結果として出てきます。

お役立ちコラム

なるほど

浴室リフォームを扱っている業者を3社前後選定して…。

リノベーションと申しますのは、いわゆる旧式の建物に向けて広範囲に及ぶ改修工事を行なって、機能をプラスして利便性をアップさせたり、住宅としての価値を引き上げたりすることを言うのです。
スレートが変色してきたり、屋根の錆が尋常でなくなってきたら、屋根塗装を行なうべきタイミングだと考えなければいけません。もし放置しておけば、住居全てに考えもしなかった影響が及ぶ事も否定できません。
屋根塗装と呼ばれているものは、ちょくちょく実施する類のものではないので、どんな人にしても失敗を避けたいと考えると思っています。想像していた通りの仕上がりにする為にも、屋根塗装業者と細かく話し合うことが必須になります。
リフォーム費用の見積もりを確認すると、形的には残らない諸経費と仮設工事費が計上されていますが、その内諸経費に関しては適正に理解されていないことが少なくなく、業者の利益だと思われているようです。
新たに家を購入した時と同じレベルか、それ以下のレベルにしかならない工事だとすれば、「リフォーム」に分類されることになります。これとは別で、新築購入時以上の水準になる工事だとしたら、「リノベーション」の範疇に入ります。

フローリングを完全に張り替える値段と比べてみると、フロアコーティングをやることで、美しい床を20年位保持することができるという方が、どう考えても得をすることになるはずです。
トイレリフォームの請求金額は、便器もしくはタンクなどの「機器の値段」と、工事を実施する職人さんの人件費に充当される「施工費」、それらの他には不要物処理等の「雑費」のトータルで決まるそうです。
屋根塗装をやって貰いますと、雷雨だったり日光から家屋を防御することが可能ですから、必然的に冷暖房費を抑制することができるといったメリットも生まれるわけです。
木造住宅の耐震補強工事の内、屋根を軽くする工事は、他の場所に影響するということも皆無ですし、通常生活を送りながら進めていけますから、住んでいる人の負担もありませんし、ある意味気軽にできる工事ではないでしょうか?
このところ、日常的に聞くようになった「リノベーション」という単語ですが、「リフォーム」と何ら変わらないものだとして利用している人も稀ではないと言われています。

匿名&無料にてリフォーム一括見積もりができるサイトも見受けられます。時間によっては、数時間以内に見積もりをもらうことができますので、手間を掛けずに価格とかサービス内容などを比較検討することが可能です。
浴室リフォームを扱っている業者を3社前後選定して、それら全部の業者から見積もりを送ってもらうのは、思いの外手が掛かります。そうした時は、一括見積もり請求サイトがあります。
浴室リフォームを行なう時は、機能はもちろんの事、ゆっくりと寛げるお風呂の時間になるようなリフォームプランにすることにより、満足レベルも相当アップすると言えます。
中古で買い取って、そのマンションのリフォームを楽しむ人が多いそうです。その長所は何かと言うと、新築分譲型マンションを手に入れるのと比べても、トータル費用を安くできるという部分だと思います。
マンションのリフォームと申しますと、洗面所もあればフローリングや壁紙もあるというように、たくさんの部位があるわけですが、業者によって他社よりも秀でた分野・場所とか工事費設定が結構異なります。

欲しかったマイホームをゲットできたとしても…。

そう遠くないうちに外壁塗装を行ないたいとお考えなら、外壁の表面の劣化が顕著になった時点で行なうのがベストだと思います。その時期というのが、ほとんどの場合新築後12年~15年のようです。
一言でトイレリフォームと申しましても、便器であったりタンクを新しくするだけの小規模なトイレリフォームから、和式トイレを人気となっている洋式トイレに作り変えてしまうリフォームまで様々あるのです。
「外壁塗装工事のように、適当にやってもバレないものはないと思う」と言われているほどで、粗悪業者が稀ではないのです。それ故、信頼ができる業者を選択することが最も大切になります。
「光沢がなくなったフローリングを取り換えてしまいたい!」、「下の方に迷惑をかけることがないように、フローリングを防音仕様のものに取り換えたい!」とおっしゃる方には、フローリングのリフォームが一押しです。
古くなったマンションのリフォームをしたいと考えている方が多くなっているそうですが、リフォーム工事の段取りやその金額に関しては、全然理解できていないという方も目立つそうです。

押しなべて、家庭電化製品の寿命は10年前後です。キッチンの寿命はもっと長期になりますから、そこに置くことになる製品類は、そう遠くない時期に買い替えるということを念頭に置いて、キッチンのリフォームを実施したいものです。
耐震補強に数百万円を掛けたとしても、将来的に地震で痛手を被るかは不明確ですし、お金の無駄になるかもしれません。しかしながら、耐震補強されている家に暮らしているということは、想像以上の安心感を生み出してくれるはずです。
外壁塗装をしたら、無論マイホームをキレイに見せるということも実現できますが、更に言うなら、外壁の塗装膜の性能ダウンを阻止して、家の寿命を延長させる事にも貢献してくれます。
通常なら、フロアコーティングは一度切りしか実施することがないので、望み通りの結果を得る為には油断はできないのです。その為にも、さしあたって複数のフロアコーティング専門業者より見積もりを取り寄せることが必要になります。
屋根塗装も、いつ行なうべきなのかという規定があるわけではありません。色褪せも問題にせず、現実的な被害に遭わなければ、これから先も何にもしないというお家も見られるわけです。

欲しかったマイホームをゲットできたとしても、その後色々な費用が掛かってきます。普段の維持費以外にも、日頃の生活がガラリと変わることが起きた時に、リフォーム費用が必要になることも想定されますよね。
フロアコーティングを施せば、フローリングを保護するだけではなく、美しい光沢を長期間に亘って保つことができます。傷が付きにくくもなりますし、水拭きが可能ですから、お手入れも手間が掛かりません。
「一番長く居るリビングや、ダイニングだけを耐震補強する。」というのも良い方法ですから、手持ちの現金をチェックしながら、耐震補強をするべきでしょう。
木造住宅に対して耐震補強をする際は、耐力壁をどの壁に配置するのかが非常に重要ポイントになります。耐力壁というのは、地震や強風により水平方向の力に見舞われた場合に、抵抗する効果を見せる壁のことです。
フローリングのリフォームだけじゃなく、今日この頃は畳をフローリングにチェンジし、更に完璧な洋室にするということで、天井や襖もリフォームする方が多くなってきています。

おすすめ一括見積サイト
ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。