黒潮町で外壁塗装を安心して安く依頼したいあなたへ!

悩む

黒潮町で外壁塗装を安心して適正価格で施工してくれる業者を探している方、外壁塗装の業界は料金体系がしっかりと決まっていません。普段利用しないものなので、相場って変わりませんよね?
黒潮町内の外壁塗装は、地域で実績を重ねた塗装業者が、工事後も安心です。

当サイト「外壁塗装白書」は、黒潮町の外壁塗装をするにあたり、「安心業者で、できるだけ費用を安くしたい」と思っているあなたのためにあります。

外壁塗装の業界では、まずは相見積もりをしてからがスタートなのです。

1件1件連絡をするのは、骨が折れますが、今は便利な一括見積りサイトがある時代です。
ポイントの一つである費用の見積もりを貰いましょう!

\すぐに相見積もりが欲しいあなたは↓クリック/

なぜ黒潮町の外壁塗装は高い?

びっくり

9月~10月は天気が安定しているので外壁塗装や屋根塗装に適した季節です。ただ同じ工事内容でも、業者によって金額が大きく変わってきます。まずは複数社から見積もりを取り、金額や頼りがいを比較してみましょう!

外壁は外から劣化状況が分かってしまうため、ある時期になると頻繁に塗装業者が訪ねてきたり、チラシが投函されたりすることがあります。

外壁塗装のぼったくりとは、あなたが塗装したい建物の本来かかるリフォーム費用より、2倍も3倍も高い金額で見積もりを出されることです。

業者が出した高い費用を鵜呑みにしてしまい、そのまま契約までしてしまうことで、ぼったくりの被害に遭ってしまいます。

さらに、ぼったくりをする業者は、自分たちの利益だけ良ければいいという考えなので、職人の質・塗装技術の質も悪く、失敗する屋根・外壁塗装になる確率が高まるので、気をつけなければいけません。

ホントに値段に差が付くのは塗料の種類

塗料の価格は種類×耐用年数×機能によって代わり、そこには大きな差が出るのです。

塗料の価格相場

ちなみに代表的な塗料の単価相場は以下のようになります。

塗料の種類 耐用年数 単価(㎡)
アクリル 5~7年 1,000~1,200円
ウレタン 10~13年 1,800~2,000円
シリコン 10~15年 2,500~3,500円
ラジカル 14~16年 2,400~3,000円
フッ素 15~20年 3,500~4,500円

表をご覧いただくと分かるように、一番安いアクリルと一番高いフッ素とでは最大3,500円/㎡もの差があります

塗料の費用は単価×塗装面積で割り出されるので、外壁面積が100㎡あれば塗装費用は35万円もの差が出てきてしまいます。

塗料の価格差は耐久性の差

では安いアクリル塗料を選べば良いのかというと、そうではありません。

表をもう一度見ていただきたいのですが、基本的に「塗料の価格差=耐久性の差」でもあります。

耐用年数の短い塗料で塗り替えると、またすぐに塗り替えが必要になる時期がきてしまいます。

耐用年数10年の塗料なら、30年間で3回塗り替えが必要です。
でも、耐用年数15年の塗料なら、30年間で2回の塗り替えで済みます。

もちろん耐用年数の長い塗料の方が塗料代は高くなりますが、外壁塗装の内訳を見てみると、職人さんの人件費や足場代の方が大部分を占めています。

つまり少し価格の高い塗料であっても、耐用年数のある塗料で塗った方が、長い目でみると工事費用は格段に安くなるのです。

【例】
耐用年数10年の塗装工事が100万円と仮定
→30年間で300万円かかります耐用年数15年の塗装工事が120万円と仮定
→30年間で240万円かかります1回の工事費用は高くなっても、2回の塗り替えで済ませた方が結果的には60万円も安上がりになるのです。

以上より、近年は価格と耐用年数の両面からみてシリコン塗料がよく使われます。

シリコン塗料タイプでも業者によって値段が大きく違うのはなぜ?

同じシリコン塗料での提示なのに、業者によって値段が大きく違っているというケースもあると思います。

それは一口にシリコン塗料といっても、溶剤タイプと水性タイプがあり、また硬質タイプと弾性タイプがあり、さらに薄塗タイプと厚塗りタイプがあり、艶ありタイプと艶消しタイプがあるからです。機能面でも、低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性など幅広い選択肢があります。

慧文社『外壁塗り替え塗装入門』より
慧文社『外壁塗り替え塗装入門』より

多種多様な選択肢があるがゆえに、あなたの家の外壁の劣化状況を踏まえて「どの塗料が最適なのか」、この塗料選びはプロの職人さんでも頭を悩ませるほどです。

つまり塗装業者の「提案力」によって使われる塗料が変わり、値段も変わってくるのです。

じつは簡単に外壁塗装に見積りを出してくれるところがあります!

お悩み

黒潮町内では、相見積りを出してくれるところはありません。生命保険なら保険の代理店があり、適切な保険会社を見つけてくれるのですけど。

1社づつ依頼していたら1週間はあっという間です。

でも、じつは簡単に優良業者で見積りを出してくれるところがあります。

それがネットの外壁塗装一括見積りサイトです!

国土交通省の消費者のニーズの統計データですが、外壁塗装の含めリフォーム業界全体では、信頼できる業者選択の環境がないと言われています。一括見積りサイトの良いところは、外壁塗装の一括見積もりサイトでは、登録するとき、登録した後も厳しい基準で審査を行っているので、安心材料になります。

住宅局 リフォーム工事における消費者・事業者のニーズ

出典元:国土交通省 住宅局 リフォーム工事における消費者・事業者のニーズ

おすすめ一括見積りサイト

ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。

黒潮町で外壁塗装業者を選ぶ際のポイント

黒潮町で外壁塗装業者を選ぶ際のポイントと注意が必要な外壁塗装業者の事例をご紹介します。

黒潮町で信頼できる外壁塗装業者を選ぶ際のチェックポイント

地域で施工実績の多い外壁塗装業者を選ぶ。
外壁塗装に関する必要な資格・許可を有する外壁塗装業者を選ぶ。
保証やアフターフォローが充実している外壁塗装業者を選ぶ。
地域のお客様から、信頼されている外壁塗装業者を選ぶ。
建物の事前調査を丁寧に行う外壁塗装業者を選ぶ。
建物診断から施工まで、一貫した対応が可能な外壁塗装業者を選ぶ。
建築関連法規、消費者契約法等の法令を遵守している外壁塗装業者を選ぶ。
見積書に記載している内容をしっかりと説明できる外壁塗装業者を選ぶ。

*以上が、黒潮町で外壁塗装業者を選ぶ際の主なチェックポイントです。

次に、特に注意が必要な外壁塗装業者の事例をご紹介します。

注意が必要な外壁塗装業者の事例

大げさに不安を煽って、契約を急がせる外壁塗装業者。
先着順にキャンペーンや大幅値引きで契約を急がせる外壁塗装業者。
現場確認をしないで、見積もりを提出する外壁塗装業者。
無料点検を口実に近づき、不必要な塗装工事をすすめる。
担当者が工事内容の説明ができない外壁塗装業者。
見積もりの項目が一式とのみ記載している外壁塗装業者。
下請け業者に丸投げする外壁塗装業者。

*以上が、特に注意が必要な外壁塗装業者の事例です。

黒潮町で外壁塗装を検討する際は、費用面は重要!

費用面を最優先に検討すると、実際には耐久年数の短い塗料を使用していたり、別途工事として、追加で請求される等の事例が多くなっています。

外壁塗装の費用を比較する際は、塗り替えサイクル(ライフサイクル・コスト)や施工条件を考慮のうえ、慎重に検討しましょう。

また、最近では建物の状況を確認せずに概算の見積書を提出して、実際の工事の際に追加コストを埋める為に手抜き工事をする塗装業者も増えています。

手抜き工事の例
基礎・下地の補修・補強を省く。
洗浄・下塗りを省く。
安い塗料を混ぜる。
古い塗料を使い回す。
塗料を規定以上に薄める。

等の方法で、一般的に気付けない部分で、手抜き工事や水増し工事を行う悪質な外壁塗装業者がいます。

ポイント
外壁塗装は、塗装直後の見た目では、仕上がりが良く見えますが、5年~10年経つと塗膜の劣化具合から塗装工事の良し悪しが、結果として出てきます。

お役立ちコラム

なるほど

妥協のない参加審査をクリアすることができた区域毎の優良なリフォーム会社を…。

望み通りの住居を現実化する為に必要なリフォーム費用は幾らになるのか、素人の方には思いつかないでしょう。当サイトでは価格帯別に、リフォーム費用とその工事事例を紹介中です。
一口にトイレリフォームと申しましても、便座とか便器を交換するのみの簡単に済むトイレリフォームから、和式トイレを今風の洋式トイレにそっくり換えてしまうリフォームまで色々です。
よくあるリフォーム一括見積もりサイトは、ユーザーの氏名とかTEL番号等を加盟登録している業者に渡してしまうことが前提だと言えるわけで、しつこく電話が掛かってくることもあるでしょう。
「家族全員が集まることが多い居間であるとか、寝室だけを耐震補強する。」というのも効果的ですから、預貯金と相談しつつ、耐震補強をするといいのではないでしょうか?
「耐震診断を行なってもらったけれど、耐震補強工事にかかる費用を捻出することができなかったから、その工事を断念した」という例が多いとのことです。とは言うものの、見て見ぬふりをしていれば、地震による被害を最小限に食い止めることは困難だということです。

トイレリフォーム費用について伝えておきたいのは、便器であるとかタンク、更には便座の機能性などが、この3~5年でとんでもないくらい向上し、値段がリーズナブルでも、素晴らしいものもたくさんあるということなのです。
押しなべて、電気器具の寿命は10年位じゃないですか?キッチンの寿命はそれほど短くありませんから、そこに並べる製品は、近い将来買い替えるということを頭に入れて、キッチンのリフォームを実施したいものです。
リフォーム費用の相場を掴むためにも、見積もりを出してもらうことが必須になります。業者が提出してくる見積書は専門用語が目立ち、掲載の方法や内容も、業者毎に相違しています。
新築した時と同水準か、それ以下の水準にしかならない工事については、「リフォーム」にカテゴライズされます。他方、新しく家を建てた時以上の性能になる工事につきましては、「リノベーション」の範疇に入ります。
耐震補強と言いますのは、いろんなリフォームの中でも高額な資金を要する工事だと断言できますが、金額の面で困難だということなら、一番肝心な箇所のみ耐震補強する事も可能です。

屋根塗装を行なった方がいい時期につきましては、どんな人でも分かるはずです。ただし1人でやろうとしても、そのやり方も分かっていないでしょうし、屋根塗装業者を1社に絞る時も、その基準がわからないと思われます。
フローリングリフォームで張り替える料金と比較してみますと、フロアコーティングの料金で、美しいフローリングを20年程度保持することができるという方が、どうしたってコストダウンに結び付くと言って間違いありません。
妥協のない参加審査をクリアすることができた区域毎の優良なリフォーム会社を、第三者的にご紹介していますので、ご参照ください。複数の加盟会社より、予算や希望にマッチする一社を選ぶことができます。
リフォームとの間に、明確な定義の違いはありませんが、住居に新規の付加価値を齎すことを目論んで、設備の大規模入れ替えや間取り変更工事などを敢行することをリノベーションと言うようです。
このところ、よく耳にするようになった「リノベーション」というキーワードですが、「リフォーム」と間違えて使っている人も結構いるそうです。

屋根塗装を行なった方がいいタイミングと言いますのは…。

マンションでの浴室リフォームというのは、戸建ての住宅の浴室リフォームとは違う点もかなりあります。このウェブサイトでは、マンションならではのリフォームの留意点やポイントを確かめることが可能です。
現在注目されているリノベーションとは、築後何年も経った住宅に対して、その利便性を高める為に改修をやったりなど、そのお家での暮らし全体を良化するために、種々の改修を実施することを言うのです。
シビアな登録審査をクリアすることができた地域毎の素晴らしいリフォーム会社を、主観を交えずに紹介中です。いくつかの加盟会社の中より、予算や希望に合致する一社を見つけ出してください。
マンションのリフォームを行なう場合の料金につきましては、それぞれのマンションで相当開きがありますが、これはマンションの状態あるいはリフォームを敢行する場所等によって、施工内容と工期が大きく違うからだと言えます。
屋根塗装を行なってもらうと、雨とか風ないしは日光から家を防護することができますから、知らぬ間に冷暖房費を節減できるというようなメリットも出てくるはずです。

貴方は「インターネットを経由して、リフォーム費用の一括見積もりをしてくれるサービスがある」ということをご存じだったでしょうか?自動車保険などでは、当然のようになっておりますが、建築関連についても、サービスが開始されているというわけです。
「一番長く居る居間とか、家の中心部に当たる部屋だけを耐震補強する。」というのも今の流行りですから、手持ちの現金を確かめつつ、耐震補強を実施していくことを推奨します。
敢えて中古のマンションを入手して、自分がしたいと思うようにそのマンションのリフォームを執り行うというのが、老若男女問わず人気となっています。新しく売りに出される物件だと堪能できない“味”があると教えられました。
屋根塗装を行なった方がいいタイミングと言いますのは、ご自分でも判断できると考えます。さりとてあなた自身でやろうとしても、そのやり方も全くわからないでしょうし、屋根塗装業者を決める際も、その基準がわからないのではないでしょうか?
思い描いている通りの居住空間をゲットするのに必要なリフォーム費用は幾らになるのか、それほど簡単には想像できないものです。ご覧のサイトではそれぞれの価格帯に分けて、リフォーム費用とその実例を紹介しております。

リフォームについても、住宅の改修を指しますが、リノベーションと比較すると、規模の点であるとか目的とするところが違っています。リフォームは概ね限定的な規模の改修で、元の状態に戻すことが主たる目的になるのです。
従来のリフォーム一括見積もりサイトは、申請してきた人の名前とか電話番号等をタイアップしている業者に見せることが前提になっていますから、セールスのTELが掛かってくる可能性もあることを覚悟しなければなりません。
フローリングリフォームを頼んで、張り替える費用と比べると、フロアコーティングをすることで、美しいフローリングを20年程度キープし続けることができるという方が、結局のところ得をすることになると思います。
旧耐震基準に則って建築された木造住宅を対象に、数々の自治体が耐震診断費用を負担する事にしているそうです。その診断結果を受けた耐震補強工事の費用を、一定額まで補填する自治体もあるのだそうです。
リフォーム会社に何を求めるかは、ひとりひとり違うはずです。従いましてそれを頭の中で整理をして、リフォーム会社選びをするという時の判定基準にすることが重要です

おすすめ一括見積サイト
ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。