名寄市で外壁塗装を安心して安く依頼したいあなたへ!

悩む

名寄市で外壁塗装を安心して適正価格で施工してくれる業者を探している方、外壁塗装の業界は料金体系がしっかりと決まっていません。普段利用しないものなので、相場って変わりませんよね?
名寄市内の外壁塗装は、地域で実績を重ねた塗装業者が、工事後も安心です。

当サイト「外壁塗装白書」は、名寄市の外壁塗装をするにあたり、「安心業者で、できるだけ費用を安くしたい」と思っているあなたのためにあります。

外壁塗装の業界では、まずは相見積もりをしてからがスタートなのです。

1件1件連絡をするのは、骨が折れますが、今は便利な一括見積りサイトがある時代です。
ポイントの一つである費用の見積もりを貰いましょう!

\すぐに相見積もりが欲しいあなたは↓クリック/

なぜ名寄市の外壁塗装は高い?

びっくり

9月~10月は天気が安定しているので外壁塗装や屋根塗装に適した季節です。ただ同じ工事内容でも、業者によって金額が大きく変わってきます。まずは複数社から見積もりを取り、金額や頼りがいを比較してみましょう!

外壁は外から劣化状況が分かってしまうため、ある時期になると頻繁に塗装業者が訪ねてきたり、チラシが投函されたりすることがあります。

外壁塗装のぼったくりとは、あなたが塗装したい建物の本来かかるリフォーム費用より、2倍も3倍も高い金額で見積もりを出されることです。

業者が出した高い費用を鵜呑みにしてしまい、そのまま契約までしてしまうことで、ぼったくりの被害に遭ってしまいます。

さらに、ぼったくりをする業者は、自分たちの利益だけ良ければいいという考えなので、職人の質・塗装技術の質も悪く、失敗する屋根・外壁塗装になる確率が高まるので、気をつけなければいけません。

ホントに値段に差が付くのは塗料の種類

塗料の価格は種類×耐用年数×機能によって代わり、そこには大きな差が出るのです。

塗料の価格相場

ちなみに代表的な塗料の単価相場は以下のようになります。

塗料の種類 耐用年数 単価(㎡)
アクリル 5~7年 1,000~1,200円
ウレタン 10~13年 1,800~2,000円
シリコン 10~15年 2,500~3,500円
ラジカル 14~16年 2,400~3,000円
フッ素 15~20年 3,500~4,500円

表をご覧いただくと分かるように、一番安いアクリルと一番高いフッ素とでは最大3,500円/㎡もの差があります

塗料の費用は単価×塗装面積で割り出されるので、外壁面積が100㎡あれば塗装費用は35万円もの差が出てきてしまいます。

塗料の価格差は耐久性の差

では安いアクリル塗料を選べば良いのかというと、そうではありません。

表をもう一度見ていただきたいのですが、基本的に「塗料の価格差=耐久性の差」でもあります。

耐用年数の短い塗料で塗り替えると、またすぐに塗り替えが必要になる時期がきてしまいます。

耐用年数10年の塗料なら、30年間で3回塗り替えが必要です。
でも、耐用年数15年の塗料なら、30年間で2回の塗り替えで済みます。

もちろん耐用年数の長い塗料の方が塗料代は高くなりますが、外壁塗装の内訳を見てみると、職人さんの人件費や足場代の方が大部分を占めています。

つまり少し価格の高い塗料であっても、耐用年数のある塗料で塗った方が、長い目でみると工事費用は格段に安くなるのです。

【例】
耐用年数10年の塗装工事が100万円と仮定
→30年間で300万円かかります耐用年数15年の塗装工事が120万円と仮定
→30年間で240万円かかります1回の工事費用は高くなっても、2回の塗り替えで済ませた方が結果的には60万円も安上がりになるのです。

以上より、近年は価格と耐用年数の両面からみてシリコン塗料がよく使われます。

シリコン塗料タイプでも業者によって値段が大きく違うのはなぜ?

同じシリコン塗料での提示なのに、業者によって値段が大きく違っているというケースもあると思います。

それは一口にシリコン塗料といっても、溶剤タイプと水性タイプがあり、また硬質タイプと弾性タイプがあり、さらに薄塗タイプと厚塗りタイプがあり、艶ありタイプと艶消しタイプがあるからです。機能面でも、低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性など幅広い選択肢があります。

慧文社『外壁塗り替え塗装入門』より
慧文社『外壁塗り替え塗装入門』より

多種多様な選択肢があるがゆえに、あなたの家の外壁の劣化状況を踏まえて「どの塗料が最適なのか」、この塗料選びはプロの職人さんでも頭を悩ませるほどです。

つまり塗装業者の「提案力」によって使われる塗料が変わり、値段も変わってくるのです。

じつは簡単に外壁塗装に見積りを出してくれるところがあります!

お悩み

名寄市内では、相見積りを出してくれるところはありません。生命保険なら保険の代理店があり、適切な保険会社を見つけてくれるのですけど。

1社づつ依頼していたら1週間はあっという間です。

でも、じつは簡単に優良業者で見積りを出してくれるところがあります。

それがネットの外壁塗装一括見積りサイトです!

国土交通省の消費者のニーズの統計データですが、外壁塗装の含めリフォーム業界全体では、信頼できる業者選択の環境がないと言われています。一括見積りサイトの良いところは、外壁塗装の一括見積もりサイトでは、登録するとき、登録した後も厳しい基準で審査を行っているので、安心材料になります。

住宅局 リフォーム工事における消費者・事業者のニーズ

出典元:国土交通省 住宅局 リフォーム工事における消費者・事業者のニーズ

おすすめ一括見積りサイト

ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。

名寄市で外壁塗装業者を選ぶ際のポイント

名寄市で外壁塗装業者を選ぶ際のポイントと注意が必要な外壁塗装業者の事例をご紹介します。

名寄市で信頼できる外壁塗装業者を選ぶ際のチェックポイント

地域で施工実績の多い外壁塗装業者を選ぶ。
外壁塗装に関する必要な資格・許可を有する外壁塗装業者を選ぶ。
保証やアフターフォローが充実している外壁塗装業者を選ぶ。
地域のお客様から、信頼されている外壁塗装業者を選ぶ。
建物の事前調査を丁寧に行う外壁塗装業者を選ぶ。
建物診断から施工まで、一貫した対応が可能な外壁塗装業者を選ぶ。
建築関連法規、消費者契約法等の法令を遵守している外壁塗装業者を選ぶ。
見積書に記載している内容をしっかりと説明できる外壁塗装業者を選ぶ。

*以上が、名寄市で外壁塗装業者を選ぶ際の主なチェックポイントです。

次に、特に注意が必要な外壁塗装業者の事例をご紹介します。

注意が必要な外壁塗装業者の事例

大げさに不安を煽って、契約を急がせる外壁塗装業者。
先着順にキャンペーンや大幅値引きで契約を急がせる外壁塗装業者。
現場確認をしないで、見積もりを提出する外壁塗装業者。
無料点検を口実に近づき、不必要な塗装工事をすすめる。
担当者が工事内容の説明ができない外壁塗装業者。
見積もりの項目が一式とのみ記載している外壁塗装業者。
下請け業者に丸投げする外壁塗装業者。

*以上が、特に注意が必要な外壁塗装業者の事例です。

名寄市で外壁塗装を検討する際は、費用面は重要!

費用面を最優先に検討すると、実際には耐久年数の短い塗料を使用していたり、別途工事として、追加で請求される等の事例が多くなっています。

外壁塗装の費用を比較する際は、塗り替えサイクル(ライフサイクル・コスト)や施工条件を考慮のうえ、慎重に検討しましょう。

また、最近では建物の状況を確認せずに概算の見積書を提出して、実際の工事の際に追加コストを埋める為に手抜き工事をする塗装業者も増えています。

手抜き工事の例
基礎・下地の補修・補強を省く。
洗浄・下塗りを省く。
安い塗料を混ぜる。
古い塗料を使い回す。
塗料を規定以上に薄める。

等の方法で、一般的に気付けない部分で、手抜き工事や水増し工事を行う悪質な外壁塗装業者がいます。

ポイント
外壁塗装は、塗装直後の見た目では、仕上がりが良く見えますが、5年~10年経つと塗膜の劣化具合から塗装工事の良し悪しが、結果として出てきます。

お役立ちコラム

なるほど

この頃のフロアコーティングは…。

リフォーム一括見積もりサイトを利用することで得られる一番の利点と言うことになりますと、リフォーム工事金額の最安値を知ることができるということですよね。尚且つ、卓越した技を持つリフォーム会社の中における最安値なのです。
屋根塗装に関しては、しょっちゅう行なうものではないですから、どんな人も注意を払うと言って間違いないでしょう。満足できる仕上がりを目指したいなら、屋根塗装業者の営業担当と詳細に亘り話し合うことが必要不可欠です。
いずれ外壁塗装を行なわなければと思っているのならば、外壁の表面の異常が見て取れた時点で実施するのが一番いいと思います。その時期と言いますのが、普通は新築後10年~12年だと聞かされました。
リノベーションと言われるのは、いわゆる旧式の建物に向けて広範な改修工事を執り行い、機能を変えて使い勝手をアップさせたり、建物の価値を維持または高めたりすることを言います。
マンションのリフォームを実施する時の代金は、マンションごとにかなり異なってくるものですが、これはマンションの状態だのリフォームを為す箇所等によって、工事内容と工期がまるっきり違うからです。

頭にあるトイレリフォームの詳細を書き記すだけで、その工事をやらせてほしいという3~5社のトイレリフォーム業者から、提案書や見積もりが送られてくるというような一括見積もりサービスもいくつかあるようです。
木造住宅の耐震補強工事において、屋根の軽量化を図る工事は、その他の場所に影響することもありませんし、生活に支障なく進行することができますので、住人の負担もほとんどなく、ある意味気軽にできる工事ではないでしょうか?
フローリングのリフォームをやりたいのに、どうしても踏み切ることができないという人が大半を占めるのではと思われます。そんな場合におすすめしたいのが、容易に利用することができる一括見積もりサービスなのです。
リフォーム会社によっては、リフォームを終えた後に気付いた不具合を料金なしで再工事する保証期間を前面に打ち出している会社も存在していますので、リフォーム会社を決定する前に、保証制度があるのかとか、その保証範囲を把握しておいたほうが賢明です。
この頃のフロアコーティングは、ユーザーのニーズに応じたものが増えていますので、「太陽が常に当たる」、「小さい子がいるので階下の人がうるさいと思う」、「とにかく清掃に手間暇を掛けたくない」など、日頃の生活スタイルにマッチする商品を選択することができます。

憧れのマイホームを購入できたとしても、暮らしていくうちに諸々の費用が必要になってくるでしょう。普通の維持費の他、生活環境が変わることにより、リフォーム費用が必要になることもあるでしょう。
スレートが色褪せてきたり、屋根がサビで変色してきたら、屋根塗装をやった方がいいと考えなければいけません。もし何にもしないとすれば、住まい全体に考えもしなかった影響が及ぶ事も否定できません。
フローリングのリフォームについては、「貼り替え」と「重ね張り」と言われている2つの方法があります。作業工程に違いがありますから、押しなべて「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は高くつくというわけです。
床が痛んできた時にとどまらず、「和室の畳自体をフローリングに変えたい!」と望むような時に適しているのが、フローリングのリフォームなのです。
耐震補強の為にお金を使っても、これから先地震で被害を受けるかは確定されていませんし、もったいないと言えるかもしれません。だけど、耐震補強が為されている家で日々の生活をするということは、絶対に心の平穏が得られることを意味します。

思い描いている通りの居住空間を具現化する為に掛かってくるリフォーム費用は幾らなのか…。

マンションのリフォームと一口に言っても、壁紙の張り替えのみのリフォームから、フローリングの張り替えをしたり、更には洗面とか台所なども含め全部一新するといったリフォームまで広範囲に亘ります。
短い距離であっても、キッチンを移動させるとなりますと、様々な作業が要されます。リフォーム費用をダウンさせるには、単に何かを取りやめるというのではなく、様々な検討が欠かせません。
リフォーム会社選定においての重要なポイントとして、レビューだったり評判のみならず、「何はともあれ3~4社のリフォーム会社から見積もりを受け取り吟味する」ということが欠かせないと言ってもいいでしょう。
希望のトイレリフォームの詳細を書き込めば、そのリフォーム工事を行なえる、そのエリアのトイレリフォーム業者から、見積もりが送られてくるというような一括見積もりサービスも存在しています。
ネットを利用したリフォーム会社紹介サイトでは、住まいの現状データややって貰いたいリフォーム内容を入力するのみで、審査を通過した優良なリフォーム会社から見積もりを入手し、その中身を精査することができるのです。

一般的に言って、電化製品の寿命は10年程度ですよね。キッチンの寿命はそんなに短くはないですから、そこに配置することになる製品は、その内買い替えるということを頭に入れて、キッチンのリフォームを実施したいものです。
思い描いている通りの居住空間を具現化する為に掛かってくるリフォーム費用は幾らなのか、あなた自身では思いつかないでしょう。ここでは一定の価格帯に分けて、リフォーム費用とその工事事例を紹介中です。
各県に支店があるような会社は、日本国内で数多くの工事を行なっています。その実績がものを言って、相場と比較しても安い金額で機器を仕入れることが出来ますし、結果としてユーザーのリフォーム費用も安上がりになるというわけです。
リフォームとの間に、明快な定義の違いはないと言われますが、建物に新規の付加価値を持たせることを目論んで、大がかりな設備交換や間取り変更工事などを行なうことをリノベーションと称しています。
傷が目立つフローリングをリフォームしたいけど、「何日もかかりそう」と迷っている人もいるはずです。驚かれるかもしれませんが、フローリングのリフォームは一日で終えることもできます。

「フローリングのリフォームをやりたいとは思うけど、費用は幾らなのかを先に知りたい!」というふうな人も少なくないと思います。こうした方は、ネットを有効活用して今現在の相場を把握することが大切です。
この先外壁塗装を行なわなければとお思いなら、外壁の表面の劣化が明らかになった段階で実施するのが正解です。その時期と言いますのが、押しなべて新築後12年~15年のようです。
木造住宅の耐震補強の中でも、屋根の重さをダウンさせる工事は、別の場所にも影響を及ぼしませんし、別に住居を用意することなくできるから、家族それぞれの負担もあまり考えられませんし、ある種手軽にできる工事だと言えます。
リノベーションにお金を費やしたとしても、新築と比べて割安で我が家を入手することができるのは当然の事、これからの資産価値低下の歯止めになるというメリットも期待できるのです。
「外壁塗装工事よりも手を抜いてやっても分からない工事はないのではないか」と言われるほどで、粗悪な業者が少なくないのです。そういう事情から、信頼感のある業者を選択することに一番力を注ぐべきですね。

おすすめ一括見積サイト
ヌリカエ
簡単45秒の一括見積り!
・利用者数470万人以上
・厳格な審査を行った優良業者のみが登録
・地元の塗装業者から全国展開している大手まで幅広く加盟
・1社1社に問い合わせる必要なし
・業界に精通したアドバイザーに相談可能
・業者への断り連絡を代行もしてくれる

ヌリカエは、全国1000社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もりサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中からヌリカエ独自の厳しい審査基準を満たした安心業者のみを紹介しています。

オープンより3年間で利用者が470万人を突破しており、大半の優良業者が登録しています。

また、引っ越し見積りサイトのように、登録したから多くの業者より連絡が来ることがなく、ヌリカエ事務局より連絡がきます。